画像:鳥栖サテライト館

鳥栖サテライト館

発展を続ける鳥栖のチャレンジの歴史

鳥栖市の一部が対馬藩田代(たじろ)領だった頃の歴史や、田代売薬、櫨蝋(はぜろう)や鉄道など鳥栖を支えてきた産業の発展とひろがりを映像や展示で紹介します。
さらに、鳥栖にちなんだゲームを体験できるコーナーもあり、大人から子供まで学んで楽しんでいただける内容が盛りだくさんです。

画像:巨大スクリーンに投影する映像や展示パネル

対馬藩田代領の時代

なぜ鳥栖市の東側と基山町が対馬藩田代領となったのか、そのいきさつや長崎街道の宿場町として様々な人や情報、文化が交流したエピソード、維新期に活躍した地元の偉人などについて、巨大スクリーンに投影する映像や展示パネル、展示物などで紹介します。

産業の発展とひろがり

日本の4大売薬のひとつになるまで発展した田代の配置売薬や、幕末維新期の佐賀藩の貴重な財源にもなった櫨(はぜ)の実を原料とした櫨蝋について、巨大スクリーンに投影する映像や展示パネル、展示物などで紹介します。

画像:田代の配置売薬

画像:体験コーナー

体験コーナー

田代の売薬人が使っていた当時の重さの柳行李(やなぎごうり)を実際に担いでみることが出来ます。

鉄道のまち・鳥栖

鳥栖の発展を支えてきた鉄道について、鳥栖駅周辺の地図にプロジェクションマッピングで映像を投影して、ナレーションで交通の要衝としての鳥栖駅周辺の発展の様子を紹介します。

画像:鳥栖駅周辺の地図にプロジェクションマッピング

画像:体験ゲーム

体験ゲーム

画面上部から落ちてくる貼りぐすりをキャッチして自分の体に貼り付けていく、体を動かして楽しめる鳥栖サテライト館でしか体験できないゲームです。遊び方は簡単なので、小さな子供から大人まで楽しむことができます。

施設詳細

住所
鳥栖市神辺町288-1(中冨記念くすり博物館)
営業時間
10時~17時(最終入場:16時30分)
休館
毎月曜日、年末年始
入場料
大人300円、高校生以下無料※
(※博覧会期間中の特別料金)
割引
関連リンク
中冨記念くすり博物館
車いす入場
可能
補助犬(盲導犬・聴導犬・介助犬)同伴入場
可能
ベビーカー入場
可能(受付で無料貸し出しもあり)
障がい者用トイレ
あり(1Fに多目的トイレ1ヵ所)
身体障がい者用駐車場
あり(1台)
アクセス
(鳥栖駅から)
・タクシーで約10分
(車)
・長崎自動車道鳥栖インターチェンジから約5分
・鳥栖筑紫野道路柚比インターチェンジから約3分
駐車場
あり(無料)
問い合わせ
電話:0942-84-3334
Fax:0942-84-3177