今年も古文書講座がスタートしました!

   
   

こんにちは、佐賀県立図書館です。

今年も古文書講座がスタートしました!

そこで、古文書講座と、県立図書館の古文書についてご紹介します!

古文書講座について

 県立図書館では、年度初めに受講生を募集して、1年間通して古文書を学ぶ「古文書講座」を毎年開催しています。

 今年も講座がスタートし、定員いっぱいの講座参加者が集まってくださいました。
201805komonjyo4.jpg
20180612ishin2.jpg
皆さん、初回から熱心に講師の話を聞き、メモを取られていました。

講座生の方々は、幕末維新博覧会の一番のサポーターといっても過言ではないのではないでしょうか*^v^*

そして、今年は「応用編コース」と「実践編コース」のテキストとして、明治維新関係の古文書が使用されています!

 例えば、実践編コースで使用されている古文書は「籌辺新編 蘭人風説」(ちゅうへんしんぺん らんじんふうせつ)というもので、長崎警備にあたっていた佐賀藩が、幕府とは別のルートで入手していたオランダの情勢が書き記されています。

20180612ishin3.jpg

この情報は鍋島直正にも献上されていたということです。

この古文書の中には「エゲレス」や「エルリオット」などのカタカナが記されています。古文書と言われると構えてしまいそうですが、実は親しみやすい文章なのかもしれません!


また、今年の古文書講座の募集はもう終わってしまいましたが、
現在行われている講座のテキストは随時、閲覧することができますよ!

図書館2階の「郷土資料室」に、それぞれのコース別にファイルにまとめています。

(郷土資料室に入って、南側壁際です↓↓)

IMGP8655.jpg

先ほどの「籌辺新編 蘭人風説」(ちゅうへんしんぺん らんじんふうせつ)の写真も、このファイルにまとめてあります♪

IMGP8656.jpg
IMGP8657.jpg
「応用編コース2」テキストから、古文書「長崎贈答」の写真です。)

このように、古文書と解説がセットになっているので、とても読みやすく、わかりやすくなっています。

明治維新150年という記念すべき年に、古文書を学び、当時の文献を読み解いてみませんか???

そして、皆さんも、幕末維新博覧会のサポーターになりましょう!(*^o^*)

図書館で学べる古文書

古文書講座以外にも、先ほど紹介したように、古文書講座のテキスト閲覧などで、古文書を学ぶことができます。

また、図書館2階の郷土資料室資料調査室には、古文書を写して製本したものを多く配架していますので、

古文書を読むことのできる方や、古文書に触れてみたい方はコチラも手にとってご覧ください!

<郷土資料室にある古文書の複写本の棚です↓↓>

IMGP8649.jpg

<古文書の複写本はこの分類番号「S複県」が目印です↓↓>

IMGP8650.jpg


また、古文書を読み解く入門編ということで、県図書ホームページでは、

くすクスくんのweb版古文書入門」を公開しています。

(URLはコチラ→http://www.tosyo-saga.jp/kentosyo/web-komonjo/oshirase.html

 まずは、身近にあるものから、古文書に触れてみてくださいね!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
県立図書館の利用については、ホームページをご覧ください↓↓

佐賀県立図書館ホームページ:http://www.tosyo-saga.jp/kentosyo/

ブログも毎日更新していますので、こちらも合わせてご覧いただけると嬉しいです♪↓↓

佐賀県立図書館ブログ「I LOVE SAGA !」:http://sagakentosyo.sagafan.jp/