特別展「さが幕末維新の書」展開催!

   
   

梧竹・蒼海顕彰第26回佐賀県書道展の中で、明治を代表する書家中林梧竹、個性的な書を残した副島蒼海(種臣)、
鍋島直正、江藤新平、大隈重信、小笠原長行、辰野金吾など幕末明治に活躍した偉人の書、約40点を一堂に展示。

★特別展示

明治天皇宸翰(副島種臣宛)

★展示品作家(生年順)

古賀精里・古賀穀堂・草場佩川・古賀侗庵・鍋島直与・柴田花守・古川松根
鍋島直正・枝吉神陽・小笠原長行・島義勇・佐野常民・谷口藍田・中林梧竹
副島種臣(蒼海)・大木喬任・江藤新平・西岡逾明・大隈重信・中原南天棒
久米邦武・鍋島直彬・鍋島直大(鍋島栄子)・西川春洞・辰野金吾・宇都宮太郎
千葉胤明・森永太一郎

 

  会期:平成30年6月6日(水)~23日(土)

  時間:9時30分~18時

  場所:佐賀県立美術館 2号展示室

 観覧料:無料

  主催:佐賀新聞社
  共催:佐賀県立美術館,佐賀城本丸歴史館

 問合せ:佐賀新聞プランニング「佐賀県書道展事務局」0952-28-2151

・ギャラリートーク

6月10日(日曜日) 古川英文氏(佐賀城本丸歴史館副館長)
※11時~
明治維新の書チラシ.jpg