【佐賀城本丸歴史館】後半戦もまだまだわくわくゴールデンウィーク!

   
   

 佐賀城本丸歴史館では、ゴールデンウィーク期間中に、「子どもの成長への願いはいつの時代も同じ」をテーマとして、子どもが対象となるものを中心に多様なイベントを開催しています。ゴールデンウィーク後半も、子どもから大人まで本格的な甲冑を着て武将になりきれる体験など楽しいイベントを用意しており、参加は無料です。皆様お誘いあわせのうえ、ぜひ佐賀城本丸歴史館へお越しください♪

(1)『本格的甲冑で武将になろう!』

  ・日時 平成30年5月4日(金曜日・祝日)、6日(日曜日)10時~11時30分、13時30分~16時

  ・内容 大人用と子ども用の両方を用意していますので、親子で一緒に体験できます。

  ・対象 どなたでも参加できます。(※2歳児ぐらい~)

(2)『折り紙で作ってみよう!』

  ・日時 平成30年5月4日(金曜日・祝日)10時~11時30分、13時30分~16時

・内容 日本折り紙協会佐賀支部との共催で折り紙教室を開催し、折り紙作品を作ります。

  ・対象 どなたでも参加できます。

(3)『好きなボールをゲットしよう!』

  ・日時 平成30年5月5日(土曜日・祝日)~6日(日曜日)10時~11時30分、13時30分~16時

・内容 武将が描かれたボールや色とりどりのスーパーボールのボールすくいです。

すくった数に応じてボールを持ち帰れます。

  ・対象 どなたでも参加できます。

<同時開催の催し>

(1) 肥前さが幕末維新博覧会関連特別展

『肥前さが幕末維新の「技」-日本の産業革命は佐賀から始まった-』

・会期 平成30年3月17日(土曜日)~5月13日(日曜日)

・内容 鉄製大砲鋳造(ちゅうぞう)や実用蒸気船建造など、日本初の偉業を貴重な資料と共に紹介し、九州初出品の重要文化財である鍋島直正直筆の「江川英龍(えがわひでたつ)宛直正書状」や「ペリー提督横浜上陸図」など、貴重な現物資料の展示を行います。そのほかにも幕末佐賀藩の近代化を支えた偉人達をグラフィックやハンズオン展示で分かりやすく紹介します。会場前では、東芝の創業者田中久重(たなかひさしげ)にちなみ、東芝グループ製最新型アンドロイド「地平(ちひら)アイこさん」がお客様をお出迎えします。

(2)特別展ギャラリートーク

・日時 平成30年5月4日(金曜日・祝日)14時~14時30分

・内容 特別展『肥前さが幕末維新の「技」-日本の産業革命は佐賀から始まった-』について、担当学芸員が解説します。

(3)特別展関連イベント『昔風写真体験』

  ・日時 平成30年5月5日(土曜日・祝日)10時~12時、13時~16時

・内容 鍋島直正も撮った湿版写真風に写真を撮ることができます。

写真はその場でプリントしてお渡しします。

※プリントに15分程度お時間がかかります。

  ・対象 どなたでも参加できます。

(4)こどもいしんワークショップ『子ども着付体験』

・日時 平成30年5月5日(土曜日・祝日)13時30分~15時

  ・内容 打掛(うちかけ)、裃(かみしも)、甲冑、軍服を着て、お殿様、お姫様、武将、砲術隊に変身できます。

  ・対象 小学生以下(※2歳児ぐらい~)

31131134_1022131754617048_907645830821838848_n.jpg